竹鶴35年

夜になり激しい雷雨に見舞われた年度始めの夜。
部下の昇進祝いに隅田川で花見と洒落込むわけにもいかず、吾妻橋モニュメントのビル別館にある月灯りへ。

今月のテイスティングと称して、ニッカ竹鶴ピュアモルトの17,21年と、竹鶴35年の3種を同時に楽しめるので早速試した。
a0021438_6391618.jpg
とにかく香りが芳醇。上手く表現できないがフルーティー。
15ml×3種で2,000円とお手軽価格。
ちなみに竹鶴35年はシングルで6,000円だそうだ。
[PR]
by boochastra | 2009-04-02 06:45 | Foods
<< 家系ラーメン「ややや」 液晶寿命がわかる画像 >>