プリウス~亀さんマーク

当初空港返しでレンタルしたのだが、帰りの飛行機に間に合わず、そのまま車で帰ることになった。
一般道をごくふつーに走行する分には、ふつーっぽく走ってくれる車だった。強いてあげるのなら、モーターによるアシストでゼロスタートで目標速度に達するのが速かった。ブレーキのタッチはロックさせるようなタッチでようやく効くような妙な感覚。雪道ならどうなるかイメージがつかめない。
峠越えがあったのだが、深夜走行ともあって大型車の飛ばすこと、飛ばすこと。登坂路はともかく、平地になってくるとヌワワでも追い越されてしまった。
問題の登坂路だが、バッテリーに余裕があるときはぐいぐいアシストしてくれて、ヌワワ近くでももう一踏みできそうな余裕があった。ところが、8合目くらいまで達したところで、「亀さん」のマークが点灯した。とたんにエンジンががんばるし、ベタ踏みにしてようやくヤワくらい。モータのアシストがぱったりとなくなったのだ。
一人で乗っていてこれだから、4人乗車ならフル積載トラックと一緒に走るハメになっていたかもしれない。走行距離10万キロオーバーだったから、バッテリーも疲れていたのかも。

それにしても、トヨタのシートはポジションが定まらない。腰が痛くなった。
[PR]
by boochastra | 2004-05-30 10:54 | Cars
<< 地崎バラ園 プリウス >>