毎日新聞WRCより撤退

毎日新聞がWRCラリージャパンからの撤退を決めた。
2回の大会を終えて、これからというときの撤退だ。

毎日新聞は、共同主催者で競技運営を行っていた、AGメンバーズスポーツクラブ北海道の赤字を肩代わりする形だったそうだ。
たしかに、特設コースを造成して、大会が終了すれば原状回復しなければならないなど、毎年継続して開催させたいのであれば「無駄」なお金を投じないよう、中長期の運営計画も必要になろう。
行政のバックアップも弱く感じるし、メディアの露出度からすると、バブル期のF1のような派手さにはとても及ばない。
地元も経済効果の期待を詠いながらも、その効果の分析は地元紙の記事を読む限り「?」と感じる。具体的な数値がないのだ。もっとも、調査にお金をかける余裕もないということなのかもしれないが。

来年以降も継続してこの地で開催されることを願う。
[PR]
by boochastra | 2005-10-29 21:43 | Cars
<< 飯山が民事再生法申請 YAMAHAへの希望 >>