ステーキを喰らう@シカゴ

渡米初日のシカゴ。
赤坂にもあるLawry's The Prime Ribにて夕食。
a0021438_2415310.jpg
単にウェイター、ウェイトレスではなく、彼らは料理人でもありセールスマンでもあった。
あの勧め方は実に巧みだ。
愛想のよい日本人はNo!と言えずに頼んでしまう。
正直、赤坂の店はこれができていないから評判よろしくないと常連さんは口を揃えて言う。

a0021438_24994.jpg
ローリーズカットは失敗したか・・・(汗)
イングリッシュカットでも余しそう。
飲んで食って騒いで、終いには厨房の見学までさせてもらって〆てお一人様$87!

23時を回っていたが、高いとこが好きなのでジョンハンコックセンターへ。
夜景を楽しむバーは30分待ち。
そしてこれ。
a0021438_254983.jpg

a0021438_372515.jpg
これだけでも来た甲斐があったというところだが、悲しいことに男3人組...orz

ここまできたら、〆にジャンクフード。
世界一大きいというマクドナルドへ。
日本では食べられないアンガスバーガー1個を3人でシェア。
a0021438_2571345.jpg
日本のマクドの肉と違って、つなぎの少ない肉肉しいパテだった。
写真を撮っていたら、隣にいた酔っ払いから「お前たちはクレーマーか」と聴かれた(笑)
日本からきて、これはここでしか食べられない珍しいものなので写真を撮っているのだと答えたら、比較用にこれを使えとタバコをもらった。
彼は隣のハードロックカフェの向かいにある店でピアノを弾いているのだそうで、次は月曜の夜に演奏するから聴いてくれと言われた。
すまん。月曜にシカゴを離れるのよ。
[PR]
by boochastra | 2010-05-24 03:02 | Foods
<< Alinea⇒Arun's 送別会 >>