「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ただいま

a0021438_22462047.jpg
おかえり
[PR]
by boochastra | 2005-03-31 22:46 | Pet

深夜の友

a0021438_0185597.jpg
夜行性の生き物は、残業帰りの友
[PR]
by boochastra | 2005-03-31 00:18 | Pet

ごはん

a0021438_210620.jpg
まいうー
[PR]
by boochastra | 2005-03-30 21:00 | Pet

留守番

春休みでにょーぼと怪獣が実家に帰っている。

ペットと留守番。話し相手には・・・
a0021438_21541311.jpg
ブログの写真をデジカメ(R)で撮らなくなったな〜。

「デジカメ」は三洋電気の商標らしい。3へぇ
[PR]
by boochastra | 2005-03-29 21:56 | Pet

十勝千年の森

転居してから、食に関する記載が停まっていたので、久々にネタを掘り起こすことに。

十勝千年の森にある、合掌造り茶屋の「ほおの木」という蕎麦屋でランチした。
a0021438_13555029.jpg

お一人様あたり
「鴨せいろ」1,500円(←そばメニューでは一番高価)
「麦とろ御飯」300円
「そばアイス」400円
・・・贅沢しすぎた。
鴨の焦げ加減がつゆに合って、大変おいしうございました。

千年の森については、また別の機会に。
[PR]
by boochastra | 2005-03-27 14:03 | Foods

ソフトバンクグループ、電話勧誘巡り行政指導

今朝の日経に出ていた。

いい加減にしてほしい>日○テレコムでも語ったが、過剰な電話営業へのクレームが絶えないとして、総務省がソフトバンクグループに販売活動の大幅縮小を求める行政指導をしていたことが明らかになったという。

やっぱりというか、かつての「光通信」系の営業体質なんだろう。
でも、一般紙やテレビのニュースにはまだなっていない。
[PR]
by boochastra | 2005-03-26 10:19 | 愚痴

2033年に東京で大地震が?

昼前に九州の地震、お見舞い申し上げます。

さて、地震といえばアーサー・C・クラークの「2061年」で2033年に東京で大地震が起きると。
さらに、2045年にロスでも大地震が起きると記されていた。
ついでに、「3001年」によると2304年には、小惑星が衝突して数百万人が津波に飲まれたという。

先の記述でHALネタを出したので、思わず読み返してしまった。
[PR]
by boochastra | 2005-03-20 18:30 | Natural

PowerPCの"Power"って

MacのPowerPC。略語だったなんて。
G5全盛の時代だが、今なおG3な私。Macですっかりお世話になっているPPCだが、それ自体が略語だったとは。
PowerPC:Performance Optimization With Enhanced RISC for Personal Computer
なるほど納得。8へぇくらい。

PowerBookの"Power"は68kの時代からだから、意味は違うだろうが、PPC搭載でデビューしたPowerMacintoshの"Power"は↑の意味ということなのか?

こうした略語の「へぇ」度でいけば
IBM:International Business Machines
これを一文字づつ繰り下げると2001年宇宙の旅の"HAL"になるわけだが、チャンドラー博士が否定していた。
HAL:Heuristically programmed Algorithmic computer

PowerBook欲しいなぁ(ぼそっ)
[PR]
by boochastra | 2005-03-20 18:16 | Mac&PC

いかなごの釘煮

神戸の知人より「いかなごの釘煮」が送られてきた。
これが来ると、春が来ることを実感する。
いわゆる小女子の佃煮なのだが、播州界隈ではこの時期になると、ほとんどの家庭で「我家の自慢」を作って、ご近所にお裾分けするのだ。小女子がこれ以上成長されるとだめだから、この時期しか作らないのだとか。
神戸に住んでいた頃は、我家でも挑戦していた。

地元商店はもちろん、全国系量販店ですら「いかなご」用に、粗目砂糖や醤油、容器までエンド陳列で対応される。
さらに、郵便や宅配屋さんもいかなご専用の送り状、包装容器まで用意されているのだ。

北海道も雪解けが進んできているものの、春はまだ遠い。
ひと足もふた足も早い春を、あつあつご飯でいただくことにしよう。
[PR]
by boochastra | 2005-03-20 10:48 | Foods

talbyに機種変更

携帯暦は阪神大震災の時にセルラーがはじまり。
当時、会社の携帯を持つことは珍しくなかったが、個人の所有物としては少数だった記憶が。
その後、携帯不要生活をしていたが、にょーぼの里帰り出産をきっかけに、通話料と音質の良さからDoCoMoPHSへ。
都会で生活する分には、これで不自由なことはなかった。むしろ、地下街など、PHSの方が良くつながったのだ。
しかし、人口密度が低くなるとPHSの弱さが露呈、オーバーハングどころか、電波不通地域が地雷のように存在しているのだ。さらに、ちょっと移動するとすぐ郊外になり、電波不通地域の方が圧倒的に多いことを実感させられてしまうのだ。
昔なら当たり前だったのに、今や電話がつながらないと相手に文句を言われる始末だ。とうとう観念してPHSからauに切り替えた。

セルラーとIDO(au関東、中部)の合併会社(?)のauは、料金体系が歪で、旧会社のまま引き摺っている。
基本料金内の無料通話金額:セルラー<IDO
セルラー:1分単位課金、IDO:10円単位課金
私の使い方であれば、IDO系の料金体系が望ましかったので、某巨大掲示板に記されていた方法で、au北海道と契約しているが、カタログには記載されていない、au関東の料金契約を結んでいる。
その歪な料金体系を修正するために、全国一律料金体系のWIN方式を出したとも(笑)
WIN機の種類も増えて、いずれ現行方式も消滅するのだろうが、今より割高になるので、当面は変更なしだ。

ところが、使っていた携帯(ソニエリ)の電池消耗が早くなり、そろそろ限界を感じてきていた。
機種変更を迫られつつあったのだが、WINに変更する理由は上記のとおりない。
PHS時代から、胸ポケットに入れる習慣があったため、携帯に切り替えた時、その大きさと重さに難儀した。
あの薄さと軽さをもう一度!と選択されたのは
talbyだ。
auショップや量販店では、安くても14英世。通販ならその半額。迷う事なく後者で即決。
昨日、手元に到着した。
a0021438_22182022.jpg
まさしく、軽薄。選択に間違いはなかった。
今の不満はストラップだ。これぞ、というものが見つかるとよいのだが。
[PR]
by boochastra | 2005-03-18 22:21 | Fun