YAMAHAへの希望

iTunesライブラリーをiBookへ移行させたのだが、こちらで音楽を楽しもうにも、内蔵スピーカーでは「音がするだけ」である。
何かよい小型スピーカーはないものだろうかと物色中。

ちなみに、私は音の魔界にはまる程のよい耳を持っていない。
しかし、学生の頃にヤマハのActive Servo Technology(YST)に惚れて、バイト代を投入して買ったAST-F100というスピーカーを、今なお駆動させ続けている。
F100は初期型のAST-S1の発展系なのだが、ツィータ1個にウーファ4個という構成なのに、薄くフラットな形状。フロアスタンドもあるのだが、基本的に壁掛け型だ。狭い我が家には有り難い存在。
このシリーズは、小型フルレンジでありながら、豊かな低音が再生される。ヘルムホルツ共鳴管の原理で、エアウーハーのポートから、バフバフと低音と空気が掃き出されるのだ。サブウーハーなんかいらないくらい、本当に心地のよい低音だ。
ASTシリーズの弱点は専用アンプに、スピーカー付属の専用カートリッジを装着しなければ駆動できないところにあった。おかげで、専用アンプがだめになると、スピーカーも使い物にならなくなってしまう。
このため、後継機も殆どないまま、今ではアクティブスピーカーのYSTシリーズとして、サブウーハーとPC用で細々残っている程度だ。デスクトップPCにはしっかりとYSTを鎮座させている。

ヤマハにはYST技術を駆使したフルレンジスピーカーを作ってほしい。
YSPなる1Boxの皿うどんスピーカーは見事だが、こいつにYST技術をちょちょいと組めば、外付けサブウーハーなんかいらなかったのでは。
いや、そんなもの作ってしまったら、サブウーハーが売れなくなって、かえってまずい?

話が戻って、iBook向けの外付けだが、BOSEやJBLへの浮気も視野に。
あんまり立派なものを鎮座させると、携帯性もなくなるし、iPodとの相性も考えると、一体型のJBL on Stageやon Tourなんかが有力か。
一体型のYSTがあったら迷わず買いたいところなのだけど、どう?>YAMAHA
[PR]
by boochastra | 2005-10-29 21:04 | Mac&PC
<< 毎日新聞WRCより撤退 BONNE BIÈRE >>